2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

『獄彩絵画 江口夏実「鬼灯の冷徹」カラーイラスト集』

 買ってしまった…↓中はこんな感じです。

Dsc01719

Kindle「文藝春秋 2015年 09 月号」

 Kindle版だと一円安かった。

又吉直樹「火花」

 今まで読んだ芥川賞受賞作と比べて、遜色ない文章力でした。ただ、説明が足りない部分と、過剰に書きすぎている部分が多くて、物語に入り込むのを度々邪魔されてイライラしました。”先輩”の人物造形も、魅力に乏しい。評価はこの作家さんの事を好きかどうかで、大きく分かれるのではないでしょうか。

たけわか読み応え評価 ★★

『アサッテの人』 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-cb0a.html

『共喰い』 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-c94a.html

「文藝春秋 2013年 09月号」「オール讀物 2013年 09月号」 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/2013-09-2013-09.html

実はファンです

 何年か前、公武堂で握手会があった時、万難を排して行けば良かった。ああ、悔やまれる。

『知の武装: 救国のインテリジェンス』

 時事モノなので、出たらすぐに読むべきでした。しかしながら刊行から一年半以上経過した今の時点で、予測が外れている部分はほとんど無いように見受けられました。これからこの手の本は、買ったらすぐに読もう。

佐藤優記事一覧 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-5b88.html

『ジョコビッチの生まれ変わる食事』

 本書の内容を要約すると、「あなたももしかしたら、思わぬ食品によるアレルギーが出ているかもしれない。あなたのその不調はアレルギーからきている可能性もあるので、一度詳しい検査等をしてみたらどうでしょう?」という内容で、宣伝広告に書かれているような、グルテンフリーをすべての人に推奨している訳ではありません。彼は自分がグルテン不耐症であることを知り、グルテンフリーの食生活を実践させて、いかにしてテニスのパフォーマンスを向上させたかという経過を記しています。食物アレルギーは個体差が大きく、人種や文化、子供の頃からの環境によっても大きく違うので、”自分を知る”きっかけとして読むならばたいへん良い本だと思う。

たけわか読み応え評価 ★★

『トットひとり』

 

 トットちゃんの視点で描かれた、森繁久彌、向田邦子、渥美清、沢村貞子…等のメモワール。 深い。とにかく深い。深すぎて言葉が出てこないので、とにかく読んでみてください。

たけわか読み応え評価 ★★★★

『杏のふむふむ』

 杏ちゃんの初エッセイ集。なんと才能豊かな人なのか。ほとばしる若さまでもが美しくて、楽しめました。

たけわか読み応え評価 ★★★

『ねこバカ いぬバカ』

 大半がうちのペット自慢。軽妙なやりとりで、読んでいて楽しいですが、帰結としては人間も犬も、健康診断、ワクチン、癌治療等ほとんど必要ないよね、という話。自分の死に方くらい、自分で選びたいよね。

たけわか読み応え評価 ★

『小説を読みながら考えた』 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_8637.html

『男女(オスメス)の怪』 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_6e94.html

『人生の疑問に答えます』 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-a68b.html

『風の道 犬や猫から学ぶ人の生き方』

 友達がススメてくれた、少々スピリチュアル系の本です。飼い主'sは少々凹んでますので、ありがたく読みました。著者は獣医さんなので、内容に説得力があります。特に、犬にも5大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)だけでなく、新鮮な野菜等からとれる酵素や核酸が必要というのは目から鱗でした。旬の野菜とか、きちんと犬には大丈夫か調べた上で、トッピングやおやつとしてあげればよかったと、後悔しきりです。

たけわか読み応え評価 ★★

『ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本』

 ゆるい感じの内容ですが、さすがムツゴロウさん。一言一言に含蓄があり、勉強になりました。飼い主にも”わっしゃわっしゃ”してくれているような、そんな心地の良い本です。ほとんどが犬の話で、猫は少しだけしか出てきませんのであしからず。

 これも非常によい本ですが、現在廃盤になっているようです。

たけわか読み応え評価 ★★★

より以前の記事一覧