2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 『ときぐすり』 | トップページ | 『俺物語!! 10』 »

続報、双葉病院

福島県、名誉毀損認め双葉病院と和解 原発事故時の発表:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASHBR36TGHBRUGTB002.html

東京電力、福島第一原発事故力後に避難が遅れ、入院患者が死亡した福島県た大熊町の双葉病院を運営する医療法人博文会が、患者の救出時に「病院関係者が1人も残っていなかった」などとした県の事故当時の発表が事実に反するとして、新聞への謝罪広告掲載などを県に求めていた名誉毀損訴訟が23日、福島地裁(金沢秀樹裁判長)で和解した。県が名誉毀損を認めて謝罪し、県のホームページに謝罪文を1年間は掲載する。

 訴えによると、県が2011年3月17日、患者救出時の状況を「重篤な患者だけが病院に残され、病院関係者が1人も残っていなかった」などと発表し、報道されたため、病院が患者を見捨てたなどの悪評が立った、としていた。

 和解について博文会は「遅すぎたとの感は否めないが、(県が)裁判所の勧告を受け入れたことは評価したい」と談話を出した。県保健福祉総務課は「県が復興、再生を進めていく中でも裁判の早期決着を図るべきだと考え和解を受け入れた」としている。

双葉病院事件で見えてきた自衛隊の不可解な行動:月刊「集中」

http://medical-confidential.com/confidential/2011/10/post-315.html

(抜粋)病院には院長と職員、患者93人のほかに、自衛隊の隊長、警察官が残っていた。14日午前11時1分、3号機が爆発すると、隊長は「オフサイトセンター(緊急事態応急対策拠点施設)で指示を仰がなければならない。病院の車を貸してほしい」と言い、車に乗ってそのまま戻らなかった。(中略)原発近くの病院は12日には患者が救助されている。双葉厚生病院には自衛隊のヘリまで出動した。双葉病院の場合、なぜ自衛隊は迅速な対応ができなかったのか。病院の車を借りた隊長は"乗り逃げ"をしたのか。自衛隊と県、町は連携が取れていたのか。

http://medical-confidential.com/confidential/2011/10/post-315.html

« 『ときぐすり』 | トップページ | 『俺物語!! 10』 »

地震関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ときぐすり』 | トップページ | 『俺物語!! 10』 »