2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

『87CLOCKERS 7』

 実際にイベントを取材した経験を元に、この巻が描かれているそうで…あまりにコアすぎる内容で萎えました…

二ノ宮知子記事一覧 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-c4c5.html

『昭和元禄落語心中(8)』

 かなり気の滅入る展開になってきました。なんとも暗く、苦しい一冊。

1巻の記事 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/1-5163.html

2巻の記事 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2-9136.html

3巻の記事 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/3-8b15.html

4巻の記事 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/4-ba9d.html

5巻の記事 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/5-0c95.html

6巻の記事 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/6-671e.html

7巻の記事 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/7-a93e.html

『ちはやふる(28)』

 アニメの実写化はもうやめてください。

映画「ちはやふる」公式サイト http://chihayafuru-movie.com/

『ちはやふる』記事一覧 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-2054.html

『BILLY BAT(17)』

 マンガとはいえ、世界で読まれている作家が、こんな事を描いてしまっていいのかなぁ…?

浦沢直樹記事一覧 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-be1a.html

『ゲート 1―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり』

 銀座にある日、「異世界の門」が現れ、中から妖異が沢山出てきたので、自衛隊が駆逐する…というなんとも不可思議な物語です。自衛隊にもファンタジーにも詳しくないので、私には少々難しかった。

『はたらく細胞』

 表紙の二人は、白血球さんと赤血球さんです。細胞を擬人化しているので、花粉症等で起こる体の働きがよくわかって、へえぇの連続でした。少々スプラッタな内容ですが、私は血小板さんが可愛いくて好き。

『ダンジョン飯 2巻』

 ドワーフのセンシがいい。特にふわっふわの髭。

『ダンジョン飯』 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-b3d1.html

『俺物語!!』2~8巻

 火事のシーン、大爆笑しました。剛田猛男を知ったら、愛さずにはいられない。重刷が間に合わないのか、5巻は未入手。

 きすけ氏のオススメ本(『鬼灯の冷徹』『ダンジョン飯』)は、ハズさないわ~。

1巻の記事 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-1bcf.html

『鬼灯の冷徹』2~18巻

 何がおもしろいって、作家さんの引き出しの多さ。話題の幅がアラサーとは思えないほど広く、3~4巻頃から徐々にハマってきます。

 獄卒の兎、芥子ちゃんがすこぶる私好みです。シロさん(桃太郎にきびだんごもらった犬)が、うちの武蔵っぽくって泣ける。♂の犬ってみんなこんなアフォなんだなぁ…。

 今月中旬、新刊19巻が出ます。

 嘘をついて大儲けをすると、如飛虫堕処(にょひちゅうだしょ)に堕ちるらしいです…

一巻の記事 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-5a23.html

『あとかたの街』

 名古屋空襲のおはなし。内容は興味深いのですが、絵がカクカクしていて読みづらかった。

『磯部磯部衛物語』

 近所のヴィレッジヴァンガードに、「今、ジャンプで一番おもしろい」と書いてありましたが、それは盛りすぎ…。浮世絵っぽい絵は好みですが、いかんせんゆるい。

『いなくなれ、群青』

 ”読書メーター読みたい本ランキング1位”の作品だそうです。村上春樹っぽい書き出しで、なんとも繊細な、人を寄せ付けない雰囲気で始まるのですが、40Pぐらいからおもしろくなってきます。もう少し若かったらもっと楽しめたかもしれない。

たけわか読み応え評価 ★★

実はファンです

 何年か前、公武堂で握手会があった時、万難を排して行けば良かった。ああ、悔やまれる。

モノスゴ愛知でマツケン

 これ、どこの広告代理店が作ったのかなぁ。気になる。

モノスゴ愛知でマツケン http://www.monosugo-aichi.jp/

愛知県振興部環境局 https://www.pref.aichi.jp/kanko/index.html

『星空を願った狼の<薬屋探偵怪奇譚>』

 灯視(ほし)さんの人物造形がとても良かった。重厚感が増してますますおもしろい。

たけわか読み応え評価 ★★★

高里椎名記事一覧 http://takezo-book.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-b6de.html

飽きました

Dsc01651

 そろそろ三ヶ月が経とうとしています。

 わかめさんは人間に飽きました。最初は、飼い主を独り占めできる事が、嬉しくて仕方が無い様子だったのですが、かまってもらうのにすっかり飽きたようです。最近は寝ている時に、頻繁に武蔵の夢をみているらしく、走り回るかのように足をばたばたさせたり、じゃれ合ったり、喧嘩しているのか唸ったりと、過日を懐かしんでいます。もうかまってくれるわんこはいないもんね…。お留守番は5時間を超えるとどうしてもちびるので、洗濯覚悟で出かけます。武蔵は我が家のムードメーカーだったので、今は毎日が静かに過ぎています。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »