2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 『ちはやふる(27)』 | トップページ | 『くるねこ 15』 »

五嶋龍「ベートーヴェン、フランク 、ヴィエニアフスキ、マスネ」

 地味、とても地味なアルバム。ベートーベンのソナタよりも、フランクの方が華やかで良かったです。

 5月21日(木)愛知県芸術劇場コンサートに行ってきました。マイケル・デュセク(CDと同じ伴奏者)が奏でる”THE 西洋音楽”の素晴らしさに感動。ベートーベンのロマンを再現するかのような、圧倒的に華やかな演奏の横で、そのロマンにびくとも傾かない五嶋龍、かえって潔し。

 サーリアホ(フィンランドの現代音楽家)を聞いて、ああ、この人今、悩んでるなあと思ったら、冊子に「年齢不相応のロマンを厚顔無恥で演奏しても」等々、悩みが色々と書いてありました。心身に不調を来すこと無く、上手に乗り越えていって欲しいなぁ。

演奏曲

 ヴァイオリン・ソナタ 第9番 イ長調 Op.47(ベートーヴェン) 「クロイツェル」

 トカール(サーリアホ)

 ヴァイオリン・ソナタ イ長調(フランツ)

 創作主題による華麗なる変奏曲 Op.15(ヴィエニャフスキ)

アンコール曲

 メロディ(グルック/クライスラー編)

 剣の舞(ハチャトゥリアン/ハイフェッツ編)

 美しきロスマリン(クライスラー)

« 『ちはやふる(27)』 | トップページ | 『くるねこ 15』 »

CD/DVD・ゲーム」カテゴリの記事

コメント

悩んでると聞いて成る程しっくりきました!あの突き抜け感のない演奏は…技術は文句なしに素晴らしかったのですが。

剣の舞は素晴らしかったし、クライスラーのロスマリンも美しかったので、ベートーベンへの気負いがあったかもしれないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ちはやふる(27)』 | トップページ | 『くるねこ 15』 »